Japanese.first-forum.com
Latest topics
» Tại sao học nhiều mà vẫn kém???
Mon Nov 28, 2016 10:20 am by KeikoPhan

» Học cách làm những món ăn Nhật Bản đơn giản, tại sao không?
Wed Nov 23, 2016 9:18 am by KeikoPhan

» Không phải là phiên dịch nhưng vẫn có thể nói chuyện được với khách hàng - đối tác - đồng nghiệp người Nhật? Bạn đã làm được điều đó chưa?
Mon Nov 21, 2016 11:09 am by KeikoPhan

» Tiết kiệm không khó, khó là tiết kiếm được bao nhiêu.
Thu Nov 17, 2016 9:25 am by KeikoPhan

» Chém gió tiếng Nhật chỉ sau 3 ngày hoàn toàn miễn phí.
Fri Nov 11, 2016 11:27 am by KeikoPhan

» Bạn sẽ phải xem lại hành lý của mình trước khi bay sau khi đọc bài viết này!
Wed Nov 09, 2016 11:18 am by KeikoPhan

» 6 bước để có một buổi phỏng vấn hoàn hảo
Sun Nov 06, 2016 8:58 am by KeikoPhan

» Toàn bộ Link download tài liệu có liên quan tới giáo trình Minna no Nihongo
Wed Nov 02, 2016 10:07 pm by thienthanh

» Tuyển dụng nhân viên biết tiếng Nhật
Fri Jun 05, 2015 1:34 pm by Wakka2015

» 100 mẫu đàm thoại tiếng nhật thông dụng: CD + Book PDF
Thu Mar 19, 2015 10:30 pm by uyen1701

» Ngữ Pháp GT Minna No Nihongo (B1~B50)
Sun Nov 23, 2014 1:31 pm by 99138

» Liên lạc về việc tỏ chức các lớp tiếng Nhật miễn phí đủ mọi trình độ !
Mon Sep 22, 2014 10:12 am by linhsan

» Mẫu Ngữ Pháp N4-N5
Sat Sep 06, 2014 7:30 pm by ruacon

» Giáo Trình nghe Pimsleur - Learning & tanoshiku kikou & 3DVD Erin
Thu Jul 03, 2014 10:00 am by mrkopio

» Trạng từ N3(副詞)
Thu Apr 24, 2014 11:15 am by boymotmy_lgbg

Top posters
Admin@ (106)
 
Takenoko (36)
 
KeikoPhan (10)
 
obake (8)
 
Lan Lan (4)
 
thoitrangf5 (4)
 
Stronger TQ (3)
 
chuvoicoi85 (3)
 
versace_0801 (2)
 
rakara (2)
 


Truyện Cổ Tích NB (日本の昔話)

Xem chủ đề cũ hơn Xem chủ đề mới hơn Go down

Truyện Cổ Tích NB (日本の昔話)

Bài gửi by Admin@ on Sun Jun 17, 2012 11:30 pm

星を落とす






 むかしむかし、きっちょむさんと言う、とてもゆかいな人がいました。
 ある日のこと、きっちょむさんが、村の人たちみんなにむかっていいました。
「今夜、わたしは空の星を、ほうきではいて落とすから。みんなで拾いにきてください」
「なんだって? 空の星をほうきで落とす。はん。ばかばかしいことをいいなさんな」
「じゃあ、こなくてもいいよ。わたしひとりで落とすから。あの空の星はみんな金だから、わたしひとりでひろって、お金持ちになるよ。あとでうらやましがったって知らないから」
 きっちょむさんの言葉に、村の人たちもついつい欲が出て、
「それじゃあ、いってみようか」
と、いうことになりました。
 やがて夜になりますと、きっちょむさんの家の回りに、みんながぞろぞろと集まってきました。
「おーい。きっちょむさん」
と、呼んでみますと、
「おーい。ここだ」
と、頭の上で答える声がします。
 見てみると、きっちょむさんが屋根の上に登っていて、手に長い竹ぼうきを持っていました。
「きっちょむさん、星はまだ落ちないのかい?」
「まあ、そんなに急ぐもんじゃあないよ。もう少し、待ちなさい」
 そういって、きっちょむさんは空を見あげました。
 暗い空には、キラキラとたくさんの星が光っています。
「きっちょむさん、あんな高い空まで、ほうきが届くのかい?」
と、みんなが笑いながらいいますと、きっちょむさんはまじめな顔で、
「届くとも、今にきっと、金の星をはたき落としますよ」
 そういいながら、ほうきを振り回しましたが、星は一つも落ちてきそうにありません。
「あれ、おかしいな?」
 きっちょむさんも、少しあわててきました。
「ほれ、ほれ、落ちろ! はやく落ちろ!」
 どなりながら、まだ、ほうきをふっています。
「もう、よしなよ、きっちょむさん」
「なに、よすものか。見ていろ!」
 きっちょむさんは、なおもほうきをふり続けました。
 するとそのとき、空の星が1つ、スーッと流れて、どこかへ落ちていきました。
 それは流れ星です。
 でも、きっちょむさんは、
「よし、やったぞ!」
と、大きな声でよろこびました。
「そら、そら、星が落ちただろう。わたしがほうきで落としたんだよ。みんないって、ひろっておいで」
と、得意になっていいました。

おしまい

Admin@
Admin

Tổng số bài gửi : 106
Join date : 15/06/2012
Đến từ : Hà Nội

Xem lý lịch thành viên http://japanese.first-forum.com

Về Đầu Trang Go down

はなよめになりそこねたネコ

Bài gửi by Admin@ on Sun Jun 17, 2012 11:31 pm






はなよめになりそこねたネコ




 むかしむかし、あるところに、観音様(かんのんさま→詳細)につかえているネコがいました。
 ネコは人間の花嫁(はなよめ)を見るたびに、自分も美しい娘になって、人間のところへ嫁入りしたいものだと、いつも思っていました。
 そこで観音様に、
「わたしを人間の嫁にしてください」
と、たのんだのです。
「よし、わかった。おまえはこれまで、わたしによくつかえてくれた。おまえならりっぱな花嫁になれる。わたしがいい若者を見つけてやろう」
 観音様は、いつもお参りにくる若者の夢枕(ゆめまくら→夢の中)にたって、
「あすの夕方、お堂の前にいる娘を嫁にするがよい」
と、言いました。
 若者はよろこんで、すぐにこのことを両親に話しました。
 すると、信心深い(しんじんぶかい→神仏を思う気持ちが強いこと)両親もよろこんで、次の日の夕方、若者といっしょに観音堂へ出かけました。
 観音堂の前には、すっかり人問の娘に化けたネコが立っています。
「あの娘ではないか?」
「あら、なかなかの器量よしだこと」
 三人は娘のそばへ行きました。
「だれか、待っているのかい」
 父親がたずねると、
「はい、観音様のおつげで、ここに待っているように言われました」
 娘が、はずかしそうに答えます。
 見れば見るほど美しい娘で、若者もこの娘が気に入りました。
「じつはわたしも、観音様のおつげで、ここにいる娘さんを嫁にするようにと言われたのです」
「えっ、そんな・・・」
 娘が、ポッとほおをそめます。
「どうだろう。うちの息子の嫁になってもらえないだろうか」
 父親の言葉に、娘はこっくりうなずきました。
「よかった。それじゃ、さっそく話をすすめたいが」
「では、わたしの両親にも会ってください」
 娘は三人をつれて、観音堂の裏手(うらて)へ行きました。
 そこには、古くてりっぱな屋敷があって、年老いた娘の両親がいました。
「なんともありがたいお話で。だが、ごらんのとおりの貧乏家で、娘にはなにもしてあげられません」
「いや、仕度(したく)のほうは、いっさいこちらでいたしますから、もう、娘さんさえいただければ」
 若者の両親は古い屋敷を見て、むかしは相当な家柄(いえがら)にちがいないと思いました。
 若者と両親がもどっていくと、娘の両親は、すぐにネコの姿にもどって屋敷を出て行きます。
 りっぱな屋敷といっても、よくよく見たら、もう何年も人の住んでいない空き家で、野良ネコたちの住まいになっていました。
 娘に化けたネコは、すぐ観音様のところへ報告(ほうこく)に行きました。
「おかげさまで、人間の花嫁になれそうです」
「おまえは、もう人間になったのだから、めったなことで、ネコのようなまねをするでないぞ」
 さて、いよいよ婚礼(こんれんい→けっこんしき)の夜がやってきました。
 約束どおり、若者の家では、花嫁の着物からカゴ(→詳細)まで用意して、娘をむかえにきました。
 古い屋敷の前には明かりがつけられ、人間に化けた野良ネコたちがいそがしそうにはたらいています。
 やがて花嫁が出てきて、カゴに乗りました。
 花嫁行列は、ちょうちん(→詳細)の明かりにかこまれて、しずしずと進んでいきます。
(これで、もう思い残すことはないわ)
 カゴの中のネコは、心から満足しました。
 花嫁行列が花むこの屋敷につくと、すぐに座敷で祝言(しゅうげん→おいわいのことば)が始まりました。
 花嫁になったネコは、花むこのとなりに座って、ウットリとしています。
 おごそかな謡(うたい→おいわいの歌)とともに、三三九度の盃(さんさんくどのさかづき→お祝いのぎしきで、三つ組のさかづきで、三度ずつ、三回酒杯をいただくこと)がかわされ、花嫁が盃(さかづき)を口に持っていこうとした、そのときです。
 ふいにおぜんの横へ、ネズミが出てきました。
 そのとたん、花嫁は、
「ニャオーン!」
と、鳴くなり、ネコの姿になってネズミにとびついてしまったのです。
「なんだ、あれは!」
 祝いの席に並んでいた人たちは、ビックリ。
 花嫁の両親に化けていたネコや、人間になってついてきたネコたちも、すっかりあわてて、次つぎに、ネコの姿になって座敷をとび出していきました。
 花嫁に化けていたネコは、どうすることもできず、ネズミをくわえたまま逃げだしました。
 花むこや両親は、ぼうぜんとして、しばらく座っていましたが、すぐに花嫁の屋敷に向かいました。
 ところが、観音堂の裏手には空き家になったボロ屋敷があるだけで、だれもいません。
「なんてひどい観音様だ!」
 両親はカンカンにおこって、観音堂へは二度とお参りに行きませんでした。
 花嫁になりそこねたネコに、観音様があきれていいました。
「あれほど、よく言い聞かせておいたのに。もう、ネコは決して、人間の嫁にはしない」

おしまい

Admin@
Admin

Tổng số bài gửi : 106
Join date : 15/06/2012
Đến từ : Hà Nội

Xem lý lịch thành viên http://japanese.first-forum.com

Về Đầu Trang Go down

ゆうれいのでるやしき

Bài gửi by Admin@ on Sun Jun 17, 2012 11:33 pm





ゆうれいのでるやしき
 むかしむかし、あるところに、とても正直な夫婦がいました。
 でも、正直すぎて人にだまされてしまい、ひどい貧乏ぐらしです。
 ごはんもろくに食べないので、赤ん坊がうまれても、おかみさんのおっぱいがまんぞくにでません。
 そこで、
「よそへいって、はたらこう」
と、ある町の長者(ちょうじゃ→詳細)のやしきで、はたらかせてもらうことになりました。
 長者はまじめにはたらく二人に感心して、一軒(けん)のやしきをあたえました。
「ふるいやしきだし、夜中(よなか)にゆうれいが出るとのうわさもあるが、ただであげるから、しんぼうしなさい」
「はい、ありがとうございます」
 夫婦がそのやしきにすんでみると、なるほどたしかに、へんなことがつづきました。
 かぜもないのに、行灯(あんどん→詳細)の火がきえたり、戸がガタガタとなったり、てんじょうからは、きもちのわるいわらいごえがきこえてきたりするのです。
「わしは、こんなやしきはごめんじゃ」
 だんなはおそろしくなって、もとの村へかえろうといいましたが、しっかりもののおかみさんはへいきです。
「いくらあやしいことがあっても、わたしらには、なんのわざわいもないではありませんか。村へかえりたいなら、ひとりでかえりなさい。わたしは子どもと、ここにのこります」
 そしてほんとうに、あかんぼうとふたりで、このやしきにのこりました。
 すると、そのばんおそく、ゆかいたがギシギシとなったかとおもうと、目の前におじいさんとおばあさんのゆうれいがでてきて、
「わしらは、このやしきの宝をまもる者じゃ。おまえは、しっかりもので度胸(どきょう)もある。まったくたいしたもんじゃ。このやしきの宝はおまえにやろう。これで、もう心残りはない。あすからはしずかになるから、あんしんしてくらせ」
と、宝のありかを教えてくれました。
 おかみさんが次の朝、ゆうれいにおしえられたところをほってみると、なんと千両箱がいくつも出てきました。
 正直者のおかみさんは、そのことを長者に知らせて、出てきた千両箱をすべて差し出しましたが、長者はニッコリ笑って、
「これは、まじめで正直なおまえにくださったものだ。わしはいらないから、おまえたち家族で使いなさい」
と、言ってくれました。
「はい、ありがとうございます」
 おかみさんは村に帰ってだんなを呼び戻すと、そのお金でしあわせに暮らしました。



おしまい

Admin@
Admin

Tổng số bài gửi : 106
Join date : 15/06/2012
Đến từ : Hà Nội

Xem lý lịch thành viên http://japanese.first-forum.com

Về Đầu Trang Go down

Re: Truyện Cổ Tích NB (日本の昔話)

Bài gửi by Sponsored content Today at 9:29 pm


Sponsored content


Về Đầu Trang Go down

Xem chủ đề cũ hơn Xem chủ đề mới hơn Về Đầu Trang


 
Permissions in this forum:
Bạn không có quyền trả lời bài viết