Japanese.first-forum.com
Latest topics
» [GIVE AWAY 8 SUÂT HỌC BỔNG TIẾNG NHẬT NHẬT NGỮ HƯỚNG MINH – TP HCM]
Tue Apr 18, 2017 11:47 am by KeikoPhan

» Đọc tiếng Nhật tốt hơn và cơ hội nhận học bổng học tiếng Nhật
Sat Apr 15, 2017 11:09 am by KeikoPhan

» CÒN 1 NGÀY DUY NHẤT ĐỂ NHẬN HỌC BỔNG TIẾNG NHẬT
Mon Apr 03, 2017 10:51 am by KeikoPhan

» Giành cơ hội nhận học bổng tiếng Nhật, làm việc cho công ty Nhật
Tue Mar 28, 2017 5:02 pm by KeikoPhan

» HỌC BỔNG TRỊ GIÁ 70% KHÓA HỌC TIẾNG NHẬT
Fri Mar 24, 2017 10:36 am by KeikoPhan

» THÔNG TIN CHI PHÍ CHI TIẾT GIÚP SANG NHẬT LÀM VIỆC VÀ SINH SỐNG TIẾT KIỆM HƠN
Wed Mar 22, 2017 1:35 pm by KeikoPhan

» 16 điều cần biết để bắt đầu học tiếng Nhật hiệu quả
Sat Mar 18, 2017 6:48 pm by KeikoPhan

» 50 câu hỏi phỏng vấn và cách trả lời để vượt qua thử thách phỏng vấn
Wed Mar 08, 2017 1:26 pm by KeikoPhan

» Visa đi Nhật – Ebook tổng hợp tất cả thông tin về visa để làm việc ở Nhật
Thu Mar 02, 2017 4:20 pm by KeikoPhan

» Hướng dẫn cách phân biệt các hình thức lao động ở Nhật
Thu Feb 23, 2017 11:57 am by KeikoPhan

» Phân tích, so sánh các hình thức làm việc ở Nhật Bản giúp lựa chọn công việc phù hợp
Tue Feb 21, 2017 1:28 pm by KeikoPhan

» Chỉ còn 7 TIẾNG để nhận học bổng tiếng Nhật
Wed Jan 18, 2017 2:02 pm by KeikoPhan

» Hội thảo trực tuyến "SỞ HỮU VIỆC LÀM LÝ TƯỞNG TẠI NHẬT"
Wed Dec 28, 2016 1:51 pm by KeikoPhan

» Tổng hợp tất tần tật tài liệu về học tiếng Nhật
Fri Dec 09, 2016 1:30 pm by KeikoPhan

» Tại sao học nhiều mà vẫn kém???
Mon Nov 28, 2016 10:20 am by KeikoPhan

Top posters
Admin@ (106)
 
Takenoko (36)
 
KeikoPhan (24)
 
obake (8)
 
Lan Lan (4)
 
thoitrangf5 (4)
 
Stronger TQ (3)
 
chuvoicoi85 (3)
 
versace_0801 (2)
 
rakara (2)
 


Truyện Cổ Tích NB (日本の昔話)

Xem chủ đề cũ hơn Xem chủ đề mới hơn Go down

Truyện Cổ Tích NB (日本の昔話)

Bài gửi by Admin@ on Sun Jun 17, 2012 11:30 pm

星を落とす






 むかしむかし、きっちょむさんと言う、とてもゆかいな人がいました。
 ある日のこと、きっちょむさんが、村の人たちみんなにむかっていいました。
「今夜、わたしは空の星を、ほうきではいて落とすから。みんなで拾いにきてください」
「なんだって? 空の星をほうきで落とす。はん。ばかばかしいことをいいなさんな」
「じゃあ、こなくてもいいよ。わたしひとりで落とすから。あの空の星はみんな金だから、わたしひとりでひろって、お金持ちになるよ。あとでうらやましがったって知らないから」
 きっちょむさんの言葉に、村の人たちもついつい欲が出て、
「それじゃあ、いってみようか」
と、いうことになりました。
 やがて夜になりますと、きっちょむさんの家の回りに、みんながぞろぞろと集まってきました。
「おーい。きっちょむさん」
と、呼んでみますと、
「おーい。ここだ」
と、頭の上で答える声がします。
 見てみると、きっちょむさんが屋根の上に登っていて、手に長い竹ぼうきを持っていました。
「きっちょむさん、星はまだ落ちないのかい?」
「まあ、そんなに急ぐもんじゃあないよ。もう少し、待ちなさい」
 そういって、きっちょむさんは空を見あげました。
 暗い空には、キラキラとたくさんの星が光っています。
「きっちょむさん、あんな高い空まで、ほうきが届くのかい?」
と、みんなが笑いながらいいますと、きっちょむさんはまじめな顔で、
「届くとも、今にきっと、金の星をはたき落としますよ」
 そういいながら、ほうきを振り回しましたが、星は一つも落ちてきそうにありません。
「あれ、おかしいな?」
 きっちょむさんも、少しあわててきました。
「ほれ、ほれ、落ちろ! はやく落ちろ!」
 どなりながら、まだ、ほうきをふっています。
「もう、よしなよ、きっちょむさん」
「なに、よすものか。見ていろ!」
 きっちょむさんは、なおもほうきをふり続けました。
 するとそのとき、空の星が1つ、スーッと流れて、どこかへ落ちていきました。
 それは流れ星です。
 でも、きっちょむさんは、
「よし、やったぞ!」
と、大きな声でよろこびました。
「そら、そら、星が落ちただろう。わたしがほうきで落としたんだよ。みんないって、ひろっておいで」
と、得意になっていいました。

おしまい
avatar
Admin@
Admin

Tổng số bài gửi : 106
Join date : 15/06/2012
Đến từ : Hà Nội

Xem lý lịch thành viên http://japanese.first-forum.com

Về Đầu Trang Go down

はなよめになりそこねたネコ

Bài gửi by Admin@ on Sun Jun 17, 2012 11:31 pm






はなよめになりそこねたネコ




 むかしむかし、あるところに、観音様(かんのんさま→詳細)につかえているネコがいました。
 ネコは人間の花嫁(はなよめ)を見るたびに、自分も美しい娘になって、人間のところへ嫁入りしたいものだと、いつも思っていました。
 そこで観音様に、
「わたしを人間の嫁にしてください」
と、たのんだのです。
「よし、わかった。おまえはこれまで、わたしによくつかえてくれた。おまえならりっぱな花嫁になれる。わたしがいい若者を見つけてやろう」
 観音様は、いつもお参りにくる若者の夢枕(ゆめまくら→夢の中)にたって、
「あすの夕方、お堂の前にいる娘を嫁にするがよい」
と、言いました。
 若者はよろこんで、すぐにこのことを両親に話しました。
 すると、信心深い(しんじんぶかい→神仏を思う気持ちが強いこと)両親もよろこんで、次の日の夕方、若者といっしょに観音堂へ出かけました。
 観音堂の前には、すっかり人問の娘に化けたネコが立っています。
「あの娘ではないか?」
「あら、なかなかの器量よしだこと」
 三人は娘のそばへ行きました。
「だれか、待っているのかい」
 父親がたずねると、
「はい、観音様のおつげで、ここに待っているように言われました」
 娘が、はずかしそうに答えます。
 見れば見るほど美しい娘で、若者もこの娘が気に入りました。
「じつはわたしも、観音様のおつげで、ここにいる娘さんを嫁にするようにと言われたのです」
「えっ、そんな・・・」
 娘が、ポッとほおをそめます。
「どうだろう。うちの息子の嫁になってもらえないだろうか」
 父親の言葉に、娘はこっくりうなずきました。
「よかった。それじゃ、さっそく話をすすめたいが」
「では、わたしの両親にも会ってください」
 娘は三人をつれて、観音堂の裏手(うらて)へ行きました。
 そこには、古くてりっぱな屋敷があって、年老いた娘の両親がいました。
「なんともありがたいお話で。だが、ごらんのとおりの貧乏家で、娘にはなにもしてあげられません」
「いや、仕度(したく)のほうは、いっさいこちらでいたしますから、もう、娘さんさえいただければ」
 若者の両親は古い屋敷を見て、むかしは相当な家柄(いえがら)にちがいないと思いました。
 若者と両親がもどっていくと、娘の両親は、すぐにネコの姿にもどって屋敷を出て行きます。
 りっぱな屋敷といっても、よくよく見たら、もう何年も人の住んでいない空き家で、野良ネコたちの住まいになっていました。
 娘に化けたネコは、すぐ観音様のところへ報告(ほうこく)に行きました。
「おかげさまで、人間の花嫁になれそうです」
「おまえは、もう人間になったのだから、めったなことで、ネコのようなまねをするでないぞ」
 さて、いよいよ婚礼(こんれんい→けっこんしき)の夜がやってきました。
 約束どおり、若者の家では、花嫁の着物からカゴ(→詳細)まで用意して、娘をむかえにきました。
 古い屋敷の前には明かりがつけられ、人間に化けた野良ネコたちがいそがしそうにはたらいています。
 やがて花嫁が出てきて、カゴに乗りました。
 花嫁行列は、ちょうちん(→詳細)の明かりにかこまれて、しずしずと進んでいきます。
(これで、もう思い残すことはないわ)
 カゴの中のネコは、心から満足しました。
 花嫁行列が花むこの屋敷につくと、すぐに座敷で祝言(しゅうげん→おいわいのことば)が始まりました。
 花嫁になったネコは、花むこのとなりに座って、ウットリとしています。
 おごそかな謡(うたい→おいわいの歌)とともに、三三九度の盃(さんさんくどのさかづき→お祝いのぎしきで、三つ組のさかづきで、三度ずつ、三回酒杯をいただくこと)がかわされ、花嫁が盃(さかづき)を口に持っていこうとした、そのときです。
 ふいにおぜんの横へ、ネズミが出てきました。
 そのとたん、花嫁は、
「ニャオーン!」
と、鳴くなり、ネコの姿になってネズミにとびついてしまったのです。
「なんだ、あれは!」
 祝いの席に並んでいた人たちは、ビックリ。
 花嫁の両親に化けていたネコや、人間になってついてきたネコたちも、すっかりあわてて、次つぎに、ネコの姿になって座敷をとび出していきました。
 花嫁に化けていたネコは、どうすることもできず、ネズミをくわえたまま逃げだしました。
 花むこや両親は、ぼうぜんとして、しばらく座っていましたが、すぐに花嫁の屋敷に向かいました。
 ところが、観音堂の裏手には空き家になったボロ屋敷があるだけで、だれもいません。
「なんてひどい観音様だ!」
 両親はカンカンにおこって、観音堂へは二度とお参りに行きませんでした。
 花嫁になりそこねたネコに、観音様があきれていいました。
「あれほど、よく言い聞かせておいたのに。もう、ネコは決して、人間の嫁にはしない」

おしまい
avatar
Admin@
Admin

Tổng số bài gửi : 106
Join date : 15/06/2012
Đến từ : Hà Nội

Xem lý lịch thành viên http://japanese.first-forum.com

Về Đầu Trang Go down

ゆうれいのでるやしき

Bài gửi by Admin@ on Sun Jun 17, 2012 11:33 pm





ゆうれいのでるやしき
 むかしむかし、あるところに、とても正直な夫婦がいました。
 でも、正直すぎて人にだまされてしまい、ひどい貧乏ぐらしです。
 ごはんもろくに食べないので、赤ん坊がうまれても、おかみさんのおっぱいがまんぞくにでません。
 そこで、
「よそへいって、はたらこう」
と、ある町の長者(ちょうじゃ→詳細)のやしきで、はたらかせてもらうことになりました。
 長者はまじめにはたらく二人に感心して、一軒(けん)のやしきをあたえました。
「ふるいやしきだし、夜中(よなか)にゆうれいが出るとのうわさもあるが、ただであげるから、しんぼうしなさい」
「はい、ありがとうございます」
 夫婦がそのやしきにすんでみると、なるほどたしかに、へんなことがつづきました。
 かぜもないのに、行灯(あんどん→詳細)の火がきえたり、戸がガタガタとなったり、てんじょうからは、きもちのわるいわらいごえがきこえてきたりするのです。
「わしは、こんなやしきはごめんじゃ」
 だんなはおそろしくなって、もとの村へかえろうといいましたが、しっかりもののおかみさんはへいきです。
「いくらあやしいことがあっても、わたしらには、なんのわざわいもないではありませんか。村へかえりたいなら、ひとりでかえりなさい。わたしは子どもと、ここにのこります」
 そしてほんとうに、あかんぼうとふたりで、このやしきにのこりました。
 すると、そのばんおそく、ゆかいたがギシギシとなったかとおもうと、目の前におじいさんとおばあさんのゆうれいがでてきて、
「わしらは、このやしきの宝をまもる者じゃ。おまえは、しっかりもので度胸(どきょう)もある。まったくたいしたもんじゃ。このやしきの宝はおまえにやろう。これで、もう心残りはない。あすからはしずかになるから、あんしんしてくらせ」
と、宝のありかを教えてくれました。
 おかみさんが次の朝、ゆうれいにおしえられたところをほってみると、なんと千両箱がいくつも出てきました。
 正直者のおかみさんは、そのことを長者に知らせて、出てきた千両箱をすべて差し出しましたが、長者はニッコリ笑って、
「これは、まじめで正直なおまえにくださったものだ。わしはいらないから、おまえたち家族で使いなさい」
と、言ってくれました。
「はい、ありがとうございます」
 おかみさんは村に帰ってだんなを呼び戻すと、そのお金でしあわせに暮らしました。



おしまい
avatar
Admin@
Admin

Tổng số bài gửi : 106
Join date : 15/06/2012
Đến từ : Hà Nội

Xem lý lịch thành viên http://japanese.first-forum.com

Về Đầu Trang Go down

Re: Truyện Cổ Tích NB (日本の昔話)

Bài gửi by Sponsored content


Sponsored content


Về Đầu Trang Go down

Xem chủ đề cũ hơn Xem chủ đề mới hơn Về Đầu Trang


 
Permissions in this forum:
Bạn không có quyền trả lời bài viết